iPhone(アイフォン)修理のQuick千葉津田沼店

   

iPhone・iPadの修理はQuick千葉津田沼店にお任せください。

アップル正規店・非正規店で必要なものについて!

iPhone修理に必要な持ち物は?アップル正規店・非正規店や配送修理に必要な持ち物

iPhoneの修理をしてもらう場合、故障したiPhoneを修理店に持ち込む場合と配送修理の場合で、持ち物に違いはあるのでしょうか?せっかく修理店に持ち込んだのに、持ち物がそろっていなくて断られてしまったりしたら悲しいですよね。ここでは、iPhoneの修理に必要な持ち物について、故障したiPhoneをアップルストアなどApple正規店に持ち込むの場合と配送修理の場合、そして正規店以外の修理店にiPhone修理を依頼する場合に分けて解説します。

アップルストアや正規店でのiPhone修理に必要な持ち物

アップルストアや正規店にiPhoneを持ち込んで修理を依頼するとき、故障したiPhone本体以外には何を持っていけばよいのでしょうか?iPhone修理に必要な持ち物の基本を解説します。

バックアップを取ったiPhone本体を持参

iPhone修理に必要な持ち物一つ目は故障したiPhone本体です。iPhoneを修理に出す前に、本体データのバックアップを取ることをおすすめします。アップルストアや正規店でiPhoneを修理する場合、故障の症状によっては本体交換となってしまうケースも少なくありません。その際、内部データが消去されてしまうことが多いため、データが消えるのは困るという方は、必ずバックアップを取ってから修理に出すようにしましょう。iCloudやiTunesを使って内部データをバックアップしたうえで、LINEなど日常的に必要なアプリについてもバックアップをとっておき、iPhone修理に時間がかかる場合に貸し出してもらえる代替機へとスムーズにデータを移設できるようにしておくとよいでしょう。

Apple ID、購入時のレシート、本人確認書類も用意しておくとよい

アップルストアや正規店にiPhoneを修理に出すときは、バックアップを取ったiPhone本体の他に、Apple IDが必要な場合があります。修理の範囲によって、iPhoneの所有者本人が内部データを消去したり、設定を変えたりしなければいけないこともあるので、その際にApple IDとそのパスワードが求められるのです。例えば、iPhoneの修理や本体交換の際に行う「iPhoneを探す」機能をOFFする作業についてもApple IDが必要です。

他にも、iPhone修理の手続きや本体交換に購入証明書を求められる場合もあるため、可能であればiPhone購入時のレシートも持ち物として用意しておくとよいでしょう。

さらに、未成年が親名義のiPhoneを修理依頼する場合は、保険証など本人確認書類や、親御さんからの委任状なども必要になります。iPhoneの名義が自分なのか、親名義なのかもあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

iPhoneの画面修理でも持ち物は必要?

 iPhoneを落としてしまったり、ぶつけてしまったりして起こる画面割れ。iPhoneの画面修理のみの場合、パネルだけを交換するだけなので中身のデータには影響が無いような気がしますが、それでもバックアップを取ったり、未成年の場合は親御さんに委任状を用意してもらったり、本人確認書類やApple IDを確認したりなど、iPhone修理に様々な持ち物は必要になるのでしょうか?

iPhoneの画面修理や電池交換など、パーツ交換のみであればデータ領域は無関係という可能性は十分あります。ですが、念のため、必要と思われる持ち物は全て揃えておくことをおすすめします。

アップルストアや正規店で修理を依頼する場合は、予約が必要です。せっかく面倒な予約の作業をして修理に持ち込んだのに、持ち物が不足しているという理由で受け付けてもらえなかったら残念ですよね。

iPhoneの配送修理に必要な持ち物は?

アップルストアやアップル正規店での修理には、配送修理という方法もあります。配送での修理を依頼する場合は、次の持ち物を用意するようにしましょう。

iPhoneの配送修理では本体データの初期化は必須!

iPhoneを配送修理する場合、故障したiPhone本体の初期化が求められます。そのため、必ずiCloudやiTunesでバックアップを取ってから、アクティベーションロックを無効にして、本体を初期化して配送するようにしましょう。また本体を初期化したら、SIMカードや画面保護フィルムを取り除くようにしましょう。

SIMカードの抜き忘れに注意

SIMカードを抜き忘れてしまったままiPhoneを配送修理した場合、アップルのリペアセンターで抜き忘れてしまったSIMカードを紛失されてしまうという可能性がゼロではありません。また、修理のスタッフがSIMカードの抜き忘れに気づき、返送してもらえたとしても、SIMカード返送料は修理費用に上乗せされてしまうことが多いようです。iPhoneを配送修理に出すときは、SIMカードを抜くのを忘れないようにしましょう。

正規店以外のiPhone修理店に依頼するときの持ち物は?

iPhoneの修理については、アップルストアや正規店以外にも、iPhoneの修理を専門に行っている非正規店に依頼する方法もあります。アップルストアや正規店の場合、修理=本体交換がメインとなるケースが多いのですが、それ以外の修理店では、故障している部分のみの修理を行うことができるため、データ領域に触れずに修理することも可能です。購入時のレシートやApple IDなどが求められることもありませんし、未成年の場合でも、iPhoneの画面修理など軽い故障の修理であれば身分証や委任状も不要です。

最後に

クイック津田沼では、iPhone修理に必要な持ち物は基本的にございません。故障しているiPhone本体さえお持ちいただければ、即日で修理いたします。アップル正規店では大体5~7営業日程度かかる修理が、最短で10分、基本1時間程度で完了いたします。お客様の大切なデータを保護したまま、迅速な修理を行うことができるので、手間をかけずに確実な修理をお求めの際には非常におすすめです。iPhoneの修理が必要になったときは、クイック津田沼にぜひご相談くださいませ。


-------------------利用規約--------------------

------------プライバシーポリシー-----------