iPhone(アイフォン)修理のQuick千葉津田沼店

   

iPhone・iPadの修理はQuick千葉津田沼店にお任せください。

緊急時の場合正規店の手続きは大変なの?

iPhone修理は契約者以外できない?緊急時はどうすればいい?

アップルストアや正規プロバイダ店にiPhone修理を依頼する場合、自分が利用している自分名義のiPhoneを修理する場合は特に問題ありませんが、契約者以外がiPhoneを修理に出さなければいけないというケースでは、スムーズに修理をしてもらえない可能性があります。例えば家族のiPhoneを代わりに修理しなければいけないといったケースや、未成年が親名義のiPhoneを修理に出す場合など、壊れたiPhoneだけを持ってお店に行っても受け付けてもらえないことがあるのです。ここでは、iPhoneが故障してしまったとき、契約者以外であってもiPhoneの修理や交換をスムーズに行う方法について解説していきます。

iPhone修理、契約者以外はできないってホント?

故障したiPhoneの契約者以外の方が、iPhone本体だけを持ってアップルストアや正規店に行って修理を依頼したとしても、すぐに修理を受け付けてくれるケースは少ないかもしれません。契約者以外の方が修理依頼する際は、壊れたiPhone本体以外に必要なものがあるのです。

故障したiPhoneの契約者以外が修理を依頼するには?

契約者以外がアップルストアや正規店にiPhone修理を依頼する場合、故障したiPhone本体だけを持って行っても修理を受け付けてもらえないのは、契約者が修理に同意していることが分かる委任状が無いからです。

契約者以外の方がiPhoneの修理依頼をすること自体は可能ですが、アップルストアや正規店で修理する場合、必ず契約者の委任状が必要になります。なぜなら、iPhoneの中にはその契約者・所有者の方の大切な個人情報である電話番号や住所情報などのデータが入っており、修理の段階でそれらが消去されてしまったというケースも少なくないからです。契約者以外がiPhoneの修理を依頼する場合、契約者に委任状を書いてもらうことで、iPhone契約者の同意を得ているということを証明することができます。

また、多くの場合、故障したiPhoneの契約者を確認できる書類や、iPhoneを持参した代理人の身分証(保険証や運転免許証、学生証など)も必要になるでしょう。

契約者以外がiPhone修理するとき必要な委任状の書き方

契約者以外がiPhoneの修理依頼する際に必要な委任状の書き方が分からないという場合、委任状の書き方は各種携帯キャリアの店舗で聞くこともできますし、委任状の用紙はホームページからダウンロードすることも可能です。委任状の書き方は、

  1. 委任状を書いた年月日
  2. 故障したiPhoneの契約名義人情報(氏名・生年月日・住所)
  3. 故障したiPhoneの電話番号
  4. iPhone修理を委任する代理人の情報(氏名・生年月日・住所)
  5. 委任する内容(iPhoneの修理依頼や本体交換など)

委任状の内容に不備があると、修理を受け付けてもらえません。漏れがないように、書き方をしっかりと覚えておきましょう。必ず内容をきちんとチェックしましょう。

契約者以外がiPhoneを修理する場合も保険は適用される?

iPhoneの故障時に大きな力を発揮してくれるのが「保険」です。iPhoneの保険と言えば、「AppleCare+」ですが、AppleCare+の保証サービスは基本的にiPhone本体に紐付けされるサービスですので、故障したiPhone本体の契約者が分かる書類と委任状、身分証明書があれば、保険を適用してもらえます。といってもアップルストアと正規プロバイダで対応が異なるという場合もありますので、事前に公式サイトや電話で確認を取っておくとよいでしょう。

故障したiPhoneの交換、契約者以外でもできる?

アップルストアやアップル正規店では、iPhone修理=本体交換といった対応をとる場合が多いです。そのため、本体交換を希望する場合も通常の修理依頼と同様、契約者からの委任状が必要です。委任状の書き方も修理依頼のときと殆ど変わりません。

アップル正規店以外でも委任状は必要?

最後に、正規店以外の修理店ではどのように対応しているのかについて、お話ししていきましょう。お急ぎで修理をご希望の場合は、もしかしたら非正規店のほうが煩わしい手続きをせずに、スピーディーに修理してもらえるかもしれません。

iPhone修理・交換の煩わしい手続きを省くなら正規店以外の修理店がおすすめ

アップルストアやアップル正規店と異なり、本体の修理だけを専門としている修理店は携帯電話会社とは関係のないお店です。そのため、故障したiPhoneの契約者以外からの依頼でも、故障したiPhoneが目の前にあれば修理をします。また専門の修理店では壊れたiPhone本体の故障部分のみを修理するため、基本的にデータ領域に触れることはありません。つまり、大切なiPhoneのデータを消去せずに修理することができるため、契約者様からの委任状がなくても修理が可能なのです。

クイック津田沼店なら契約者でなくてもスピーディに修理可能!

契約者以外の方がお急ぎでのiPhone修理をご希望なら、クイック津田沼店にご相談ください。契約者の方からの委任状がなくても、スピーディーに当日対応いたします。

フロントパネル交換なら最短約30分~40分。液晶交換なら最短約30分~40分でご対応可能です。カメ交換・バッテリー交換なら最短10~20分でご対応可能です。水没修理で、も最短約90分で完了、ホームボタン修理も最短約15分~30分で完了いたします。

最後に

故障したiPhoneの修理を契約者以外が行うことは可能ですが、契約者からの委任状など、用意すべき持ち物がありますので忘れないように注意してください。今回ご紹介した委任状の書き方も参考にしてくださいね。ですが緊急の場合など、煩わしい手続きは抜きで今すぐiPhoneを直したいと思ったら、iPhone修理には修理専門店のクイック津田沼店をぜひご利用くださいませ。


-------------------利用規約--------------------

------------プライバシーポリシー-----------