iPhone(アイフォン)修理のQuick千葉津田沼店

   

iPhone・iPadの修理はQuick千葉津田沼店にお任せください。

iPhoneロック解除について!

iPhone修理にロック解除は必須?ロック解除せずに修理には出せない?

iPhoneの修理の際には、パスコードのロック解除が必須です。ですが、ロック解除ができない、パスコードがわからないという場合もありますよね。iPhoneのロック解除ができない場合は、修理には出せないのでしょうか?ロック解除ができない場合にどうなるのか、どうしてもロック解除できない場合の修理の方法などについて解説します。

iPhone修理の前に!ロック解除の方法を忘れたら?

多くの人がiPhoneにロックをかけています。セキュリティ面でも重要なロックですが、パスコードを忘れてしまったなどの理由から、ロック解除ができない場合も少なくないはずです。iPhoneが故障してしまい修理に出す場合、ロック解除ができないとどのような不都合が生じるのでしょうか?

ロック解除のパスコードを忘れるとiPhone修理はできない?

iPhoneの修理に一見ロック解除は関係ないようなイメージもありますよね。パスコードを忘れてロック解除ができなくなってしまった場合以外にも、修理業者にプライベートな情報を見られたくないなどの理由でロック解除をしたくない、ロックしたまま修理してもらいたいと思う方も少なくないはずです。

ですが、アップルストアや正規プロバイダ店では、修理の前にロック解除を求められます。なぜなら、iPhoneの修理後は、故障箇所以外も一通り動作チェックをする必要があるためです。カメラ機能やSiriが正常に動作するかなど、ロックを解除しないと確認できない部分もあるため、ロックの解除が必要なのです。そのため、ロック解除ができない状態で修理に出しても、正規店では断られてしまう場合があります。

iPhone修理の前のロック解除方法(裏ワザ):「iPhoneを探す」がONの場合

iPhone修理前にロック解除ができない場合の裏ワザをご紹介しましょう。「iPhoneを探す」機能を活用して初期化するという裏ワザです。

ロック解除できなくなったiPhoneに「iPhoneを探す」アプリがダウンロードされているのを確認したら、アプリにApple IDとパスコードを入力しましょう。

ログインできたら、画面の中にログインしたApple IDと紐付けされているデバイスが表示されます。ロックが解除出来なくなったデバイス名をその中から選んでタップしたら、続けて「アクション」をタップ。画面右下に「iPhoneを消去」という項目が出てくるので、それをタップします。こうしてiPhoneを初期化してしまえば、ロックを解除できなくてもそのまま修理に出せますし、バックアップを取っておけばプライバシーの心配もありません。

iPhone修理の前のロック解除方法(裏ワザ):「iPhoneを探す」がない場合

「iPhoneを探す」機能をダウンロードしていない場合は、iTunesを使ってiPhoneのロックを解除してあげる裏ワザがあります。

まず、iTunesをパソコンで起動しましょう。パソコンにiPhoneを接続したら、iTunesがiPhoneを認識するまで待ちましょう。認識されたら、画面左上のiPhoneマークから「概要」をクリックして、右画面をスクロールして「バックアップ」欄を表示します。

バックアップ欄から「今すぐバックアップ」をクリックして、iPhone上のデータをパソコンに保存したら、「バックアップを復元」をクリックしてバックアップファイルを復元します。これでロックを解除することができます。パソコンがある場合に使える裏ワザです。

タッチパネルの反応が鈍い…ロック解除ができないiPhoneは修理可能?

タッチパネルの反応が鈍いなどの理由でロック解除ができない状態のiPhoneを修理に出したい場合、どうすればよいのでしょうか?ロック解除に失敗した場合のリスクとあわせ、そのような場合の修理の手段についてお話します。

iPhone修理前にロック解除に失敗したら?

iPhoneのパスコードの入力は、一定数失敗するとしばらく操作できなくなってしまいます。6回失敗すると1分間使用ができなくなり、7回失敗すると5分間使用できなくなります。8回失敗すると15分間使用することができなくなり、さらに9回失敗してしまうと1時間iPhoneが使えなくなります。
さらに、10回失敗してしまうと内部データが削除されてしまい、11回失敗するとiPhone本体の一切の操作ができなくなってしまいます。最終的には初期化するしかなくなってしまい、修理依頼前の症状よりも悪化してしまうかもしれません。

修理したいiPhoneのロック解除がどうしてもできないなら?

修理したいiPhoneのロックがどうしても解除できない場合は、最終手段として内部データを初期化してしまうことをおすすめします。先ほどご紹介した「iPhoneを探す」を利用して内部データを削除してしまう方法がもっとも簡単に初期化することができます。

ですが、この方法はあらかじめバックアップをとっておかないと修理完了後に大切なデータを失ってしまう可能性が非常に高くなります。iTunesでバックアップを取る方法もありますが、パソコンがない状況では利用できません。

大切なデータを失わずにiPhoneを修理したい場合は、正規プロバイダ店舗に修理を依頼するよりも正規店以外のiPhone修理店に依頼するほうが良いでしょう。

iPhone修理の前にロック解除できないなら、クイック津田沼店へ

iPhoneの修理専門店では、基本的にロック解除を求めません。内部データ領域に触れたり、本体交換を行ったりなどの方法はとらず、故障部位だけの修理と動作確認にとどめたサービスを行いますので、ロック解除をせずに修理することが可能なのです。そのため、ロック解除ができない場合のみならず、プライバシーが気になってロックを解除したくない、というお客様でも安心です。

クイック津田沼店でも、ロックの解除をしなくても修理対応を受け付けております。iPhoneの修理は、クイック津田沼店へぜひご相談くださいませ。

最後に

iPhoneが故障してしまい修理に出したいとき、アップルストアやアップル正規店では原則ロック解除が必要です。パスコードを忘れてしまった場合やホームボタン、タッチパネルの不具合等でロックが解除できない場合は、正規店以外のiPhone修理店での修理をおすすめします。iPhoneの修理はクイック津田沼店にぜひご相談ください。


-------------------利用規約--------------------

------------プライバシーポリシー-----------