Quick千葉津田沼店

iPhone・iPad・Macの修理はお任せください。

iPhoneのバッテリーについて

こんにちは!
iPhone修理のクイック千葉津田沼店です!

今回はバッテリーについて説明をします。
まずiPhoneにはリチウムイオンバッテリーが使用されています。
このリチウムイオンバッテリー、軽くて、コンパクトで容量も大きいのが特徴です。
ただ、使用しているうちに経年劣化をし、消耗してしまいます。
iPhoneのバッテリーは約500回充電を繰り返しても本来のバッテリーの充電容量と比べて、約80%くらいまでしか消耗しないように設計されているようです。
毎日充電をして大体1年半くらいで約500回ですね。

以前、バッテリーがまだ20%くらい残っているにもかかわらず、突然電源が切れてしまうといった症状で、ご相談いただくケースがありました。
この原因としては、バッテリーが劣化してしまい、バッテリーの最大容量が低下してしまった、もしくは、電力を沢山消費する場面で必要な電力を確保できていない可能性があります。
iPhoneの電源管理システムはバッテリーの性能を判断したうえで電力供給を行っているようなのですが、バッテリーの劣化により、iPhoneが動くのに最低限必要な電圧を確保できなくなると、電子部品を保護するために電源が切れてしまうようです。

iPhone 6以降の機種では、どうしても必要な場合に、突然電源が切れてしまうことを防ぐために、CPU、GPUなど一部の最大パフォーマンスを管理しているようです。

バッテリーの劣化により、アプリの起動に時間がかかるようになったり、スピーカーの音量が小さくなったりする可能性があるようです。

要するに、バッテリーが劣化したことによって、アプリの起動など、ちょっとした作業で電源が切れてしまわないようにするために、動作が重たくなったり、音が小さくなる可能性があるということのようです。
電源が落ちてしまうよりも、重たくても使える状態の方が良いですもんね。

電池もちが良くない。
最近iPhoneの動作が重たい気がする。
設定でバッテリーの状態を調べたら、80%以下になってしまっている。
等々ございましたら、クイック千葉津田沼店でバッテリー交換をしてはいかがでしょうか?

平 日:11時~20時
土日祝:10時~20時

お問い合わせ電話番号
📞0476243833

<津田沼駅・船橋駅のiPhone・iPad修理なら全国展開のクイック千葉津田沼店へ>

各iPhone修理内容ごとの一覧:

iPhone画面割れ・フロントパネル交換修理 / iPhone液晶交換修理iPhoneカメラ交換修理iPhoneドック交換修理iPhoneバッテリー交換iPhone水没修理iPhoneスピーカー交換修理iPhoneホームボタン修理 /

各iPhone端末ごとの修理一覧:

iPhone 8 plusiPhone 8 /iPhone 7 plusiPhone 7 / iPhone 6S plus / iPhone 6S / iPhone 6 Plus / iPhone 6 /iPhone 5S / iPhone 5C / iPhone 5 / iPhone 4S / iPhone 4 /


-------------------利用規約--------------------

------------プライバシーポリシー-----------