Quick千葉津田沼店

iPhone・iPad・Macの修理はお任せください。

防水機能の本当の意味とは?

夏もいよいよ本番ですねキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

愛機は元気に動いていますか?

私はこないだ、
お風呂で防水の愛機を一台水没させてしまいましたo(TωT )

え、防水なのに水没した?なんで?Σ(゚д゚;)

今回は以外と知らない防水機能についてご説明します。

その前に、一つ質問よろしいでしょうか?
皆様はiPhone 7は防水だから大丈夫と思っていますか?

思っている方は注意が必要です。

何故か説明しますので、
表を見てみましょう(・∀・)ニヤニヤ

image1

iPhone 7はIP67という規格です。

内容を読んでみると
規程の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない』
非常に解りやすいですね(´_ゝ`)クッククク・・

簡単に説明すると
『水深1mの深さに常温で30分は耐えることができるかもしれない』ということです。

なんだか頼りない・・・(゚ー゚;

さらに防水機能はどんどん衰えていくことはご承知でしょうか?

最初は大丈夫でも次はダメかもということが有り得るのです。

 

結論を言うと
万が一の時に防水機能がないよりはあった方が助かる可能性が高いです。
ただ過信しすぎると私のように愛機をダメにしてしまうこともあるので皆様も気を付けてください!

もし水没かな?と思いましたら電源をまず切ってから、当店までご相談ください!

 

<津田沼駅・船橋駅のiPhone・iPad修理なら全国展開のクイック千葉津田沼店へ>

各iPhone修理内容ごとの一覧:

iPhone画面割れ・フロントパネル交換修理 / iPhone液晶交換修理iPhoneカメラ交換修理iPhoneドック交換修理iPhoneバッテリー交換iPhone水没修理iPhoneスピーカー交換修理iPhoneホームボタン修理 /

各iPhone端末ごとの修理一覧:

iPhone 8 plusiPhone 8 /iPhone 7 plusiPhone 7 / iPhone 6S plus / iPhone 6S / iPhone 6 Plus / iPhone 6 /iPhone 5S / iPhone 5C / iPhone 5 / iPhone 4S / iPhone 4 /

-------------------利用規約--------------------

------------プライバシーポリシー-----------